李清照、辛弃疾笔下的元宵节

李清照、辛弃疾笔下的元宵节

李清照、辛弃疾笔下的元宵节

古代文人写上元灯节的诗词,不计其数,而李清照的《永遇乐·落日熔金》和辛弃疾的《青玉案·元夕》堪称其中佳作。这两首词在写作背景和表现手法上都不尽相同,但其思想意义却颇有共通之处。

李清照、辛弃疾笔下的元宵节

永遇乐·落日熔金

李清照

  落日熔金,暮云合璧,人在何处?染柳烟浓,吹梅笛怨,春意知几许?元宵佳节,融和天气,次第岂无风雨?来相召,香车宝马,谢他酒朋诗侣。

  中州盛日,闺门多暇,记得偏重三五。铺翠冠儿、捻金雪柳,簇带争济楚。如今憔悴,风鬟雾鬓,怕见夜间出去。不如向,帘儿底下,听人笑语。

李清照的《永遇乐》写于南渡之后,当是流寓临安时所作。这首词通过南渡前后过元宵节两种情景的对比,表现了物是人非、今不如昔的深切感受,抒写了离乱之后愁苦寂寞的情怀。上阕开头两句“落日熔金,暮云合璧”,用极鲜丽的辞彩写今年元宵节的盛景,而紧接的“人在何处”却恰似一声悲凉的长叹,透露了词人内心的凄凉和迷茫。下面写她抬头望见柳梢返青,梅花已谢,不禁陷入沉思之中。“春意知几许”,实际上是说春意尚浅。词人不直说梅花已谢而说“吹梅笛怨 ”,借以抒写自己怀念旧都的哀思。正因为这样,只觉春意味少。“元宵”三句,词人跳出个人的哀愁,从眼前的融和天气,想到“次第岂无风雨”,字面上是说自然界,实际上却是在说国难重重的政治形势,因此她再无心情去赏灯游乐,于是“谢他酒朋诗侣”。这几句看似平淡,却隐隐透露出词人对南宋的上层人物在国难方殷的日子里仍纵情游乐的不满,以及她饱经忧患后近乎漠然的心理状态。

“中州盛日,闺门多暇,记得偏重三五”,由上片的写今转为忆昔。北宋的元宵是一个十分隆重的节日,李清照早年躬逢其盛,印象很深,此刻自然触景生情,一连用了六个短句追述当年情景,语调轻松欢快,多用当时俗语,宛然少女心声。词人通过细节描写,表达了对旧日家园的怀念。从“如今憔悴”几句中我们可以透过词人憔悴的外表,窥见她无限痛楚的内心,从侧面反映了金兵南下前后两个截然不同的时代和词人相隔霄壤的生活境遇,以及它们在词人心灵上投下的巨大阴影。全词以极富表现力的语言,写出了浓厚的今昔盛衰之感和个人身世之悲,充满哀伤幽怨,但其思想意义并非就是消极颓废的。南宋张端义在《贵耳集》中就曾以《声声慢》和《永遇乐》为例,说李清照“南渡以来,常怀京洛旧事”,由此可见,《永遇乐·落日熔金》不是反映了所谓“贵妇人的哀鸣”,而是蕴藏着极其深沉的爱国思想感情。

青玉案·元夕

辛弃疾

东风夜放花千树,更吹落,星如雨。宝马雕车香满路。凤箫声动,玉壶光转,一夜鱼龙舞。 

蛾儿雪柳黄金缕,笑语盈盈暗香去。众里寻他千百度,蓦然回首,那人却在,灯火阑珊处。

李清照、辛弃疾笔下的元宵节

时代稍晚于李清照的辛弃疾处于国家内忧外患更加严重的历史环境下。《青玉案·元夕》就是描写在如此政治形势下的一个上元之夜。上阕写元宵节的火树银花,车马、鼓乐等一派繁华热闹,用了“宝”、“雕”、“凤”、“玉”之类种种丽辞,铺排出一个欢腾的元夕场景,正是“暖风熏得游人醉,直把杭州作汴州”,令人根本想象不到这竟是边患不断的南宋朝廷的元宵之夜。

  如果光看上阕,我们或许会认为这仅仅是众多写元宵佳节诗词中的一首,并无独到之处。其实这首词的神来之笔,全在下阕。下阕从字面来看是在写人,上片的灯、月、焰火、笙歌,下片的游人丽女,都只是为那“灯火阑珊处”的“那人”而设,倘无此人在,这一切又有何意义与趣味呢?值得词人如此痴迷地“众里寻他千百度”的“那人”,又为何有如此之魅力?词人笔下的“那人”,隐寓着他心中的抱负和热望:在一片繁华的表象中,南宋朝廷偏安一隅,词人却仍怀报国之志,渴望着洗雪国耻,收复失地,建功立业,而这一愿望在懦弱无能的南宋朝廷统治下是无法实现的,因此也只能把它深藏心底,这正如他词中的伊人,“众里寻他千百度,蓦然回首,那人却在,灯火阑珊处”。

李清照、辛弃疾笔下的元宵节

関連ニュース

上海先物は昨夜140元上昇した

昨夜の夜、上海先物アルミニウムは140元上昇し、今日の長江スポットは小幅に上昇すると予想されている。

中秋節の機会に、あなたと一緒に最も美しい中秋節の詩の10曲を鑑賞してください

1.最も雄大な中秋節の詩-「望月懐遠」(唐・張九齢)海には明るい月があり、世界はこの時を共有しています。恋人は夜に不平を言い、夜に恋をします。ろうそくを消して光を満たし、服を着て露を感じます。手を差し伸べることができず、夢の良い時期に眠ります。コメント:張九齢は唐王朝の有名な世代でした。彼は裏切り者に拒絶され、荊州に追放されました。中秋節の夜、彼は遠くを懐かしく思い、この詩を書きました。詩の芸術的概念は雄大で大きく、骨は強いですが、感情的で誠実です。特に、最初の2つの文は長い間有名になっています。2.最も孤独な中秋節の詩-「十五夜の月」(唐・王建)中庭の白い木のカラス、冷たい露と静かなモクセイ。今夜は月が明るく、

八声甘州・は、川にそそり立つ夕暮れの雨に

Xiaoxiaoと夕暮れの雨が川の空に降り注ぎ、秋がきれいになります。霜が降りて風が強くなり、関川は冷たくなり、残照は建物になります。赤は衰退し、緑は衰退し、物は繁栄します。揚子江の水だけが言葉もなく東に流れています。 遠くに登るのに耐えられず、故郷の大きさを見て、考えるのは難しいです。年の痕跡をため息をつき、何がそんなに難しいのですか?美しさを考え、建物を化粧し、数回間違えてボートに戻ります。私を知り、バーに寄りかかって、心配しています!

「詩経」の最も美しい文はここにあり、言葉は感動的で、文は人生である

雨はひどく、お香を焚き、お茶を注文し、本を持って、「詩経」の行間に人間の最も初期のロマンスを感じます〜1.美しい人がいて、澄んでいます。出会いに出会って、适我愿西。——《诗経・鄭风・野有蔓草》訳:田舎の草は青く、露の雫がきらきらしている。美しい娘がいて、眉目が情を伝えるのを楽しみにしていて、一目で心を奪われた。2、は蒼く、白露は霜である。いわゆる伊人は、水の一方にいる。——《诗経•国风•秦风•》訳:生まれたばかりの葦は青く、露は霜に凝結している。恋に落ちたあの恋人は、水の向こう側にいる。3、彼はショパンを採り、一日は見られず、三秋のようだ

重陽節になると、菊が来ます

重陽節(別名:老人節)は、毎年旧暦の9月9日に、漢民族の伝統的な祝日である。「易経」では「六」を陰数に定め、「九」を陽数に定めている。9月9日、日月並陽、両九相重であることから、重陽とも呼ばれる重九といいます。重陽の節句は戦国時代にはすでに形成されていましたが、唐代になって重陽は正式に民間の節句として定められ、その後歴代に引き継がれてきました。民間ではその日に登高する風習があるので、重陽の節句は「登高節」とも呼ばれています。ほかにも、ハナミズキの節句、菊の節句などという言い方もあります。重陽の祭りを祝うとき、人々は一般的に登り、菊を鑑賞し、菊のワインを飲み、ハナミズキを挿入し、ケーキを食べます。さらに、

江蘇Jinhuiカラーコーティングアルミニウムロール2017年第44週アルミニウム価格週報(10.30-11.3)

1.1週間の市場の概要: 1。今週の国内の主要スポット価格は、アルミニウム価格が16,000付近で上下に変動し続け、わずかに下落しました。2つの場所の価格差は約300を維持しました。市場には豊富な供給源があり、商品所有者の出荷意欲は高く、全体的な取引は平均的です。2.週の関連市場のパフォーマンスこのサイクルのスポット価格の全体的な小さな変動は主に下落しました。ベーススプレッドは再び弱くなりました。スポットは最近弱い強さを維持しています。レンアルミニウムのパフォーマンスは上海アルミニウムよりも強く、上海レン比は約7.5を維持しています。3、毎週の在庫の変化レンアルミニウム在庫は今週も下がり続け、キャンセル倉庫注文は約20%を占め、前期の在庫は今週も下がり続けた