铝行业一周要闻回顾(6.11-6.15)

 国务院部署蓝天保卫战计划:严禁新增钢铁、电解铝等产能

 

  国务院总理李克强6月13日主持召开国务院常务会议,部署实施蓝天保卫战三年行动计划,持续改善空气质量;确定进一步扩大进口的措施,促进调结构、惠民生和外贸平衡发展。强调在重点区域严禁新增钢铁、焦化、电解铝等产能。推进散煤治理、大幅提升铁路货运比例。明年1月1日起,全国全面供应符合国六标准的车用汽柴油【详情】

 

  5月份十种有色金属455万吨,同比增长4.3%

 

  国家统计局周四公布的数据显示,中国5月原铝产量为279万吨,同比增加1.5%。据此计算,5月日均铝产量为9万吨,低于4月的9.23万吨。数据并显示,中国1-5月原铝产量达1,360万吨,较上年同期增长1.4%。5月份,十种有色金属455万吨,增长4.3%【详情】

 

  贵州赤泥规模化利用——清镇市在行动

 

  目前,贵州省赤泥的堆存量累计超过5000万吨,年新增排放量达650万吨。为积极消化赤泥实现再利用,4月份,清镇市消纳赤泥131吨铺设一条小型路用试验场,通过对清镇赤泥充分的室内试验评价,改性固化赤泥的基本物理特性、力学强度指标、耐久性、环保指标均优于道路工程路用标准【详情】

 

  山西“煤电铝材”一体化产业试点项目在柳林开工

 

  近日,山西省“煤-电-铝-材”一体化产业试点项目在吕梁市柳林县开工建设。规划建设项目为50万吨/年电解铝项目、20万吨/年热轧铝合金板带箔项目、15万吨汽车轻量化车体用大断面铝合金型材项目和15万吨汽车用铝合金铸件项目【详情】

 

  安徽省铝制品检验中心通过专家组验收

 

  日前,坐落在濉溪经济开发区的安徽省铝制品质量监督检验中心通过专家组现场验收。该中心铝基产品检测范围为4大类、33种、518个参数,涵盖了铝合金型、板、带、箔、再生、压铸等领域,检验中心不仅为濉溪铝产业基地建设提供重要支撑,还将承担国家及安徽省铝及铝制品质量安全监督检测、铝制品检验检测技术的研发和标准的制订修订、铝制品的质量认证检验、仲裁检验等【详情】

 

  【企业动态】

 

  中国铝业与几内亚政府签署Boffa项目矿业协议

 

  日前中国铝业香港与几内亚政府签署Boffa项目矿业协议。Boffa地区可利用资源储量约为17.5亿吨,可持续开采长达60年。签约后,中国铝业香港公司将在几内亚建设矿业公司、港口公司、驳运公司,完全按照国际惯例、全球市场化经营的模式运营,保障中国铝业铝土矿资源的稳定持续供应【详情】

 

  万基铝加工高端锅胆料铝板带实现批量生产

 

  日前,万基铝加工试产的10吨2.3毫米厚高端锅胆料铝板带产品在国内某知名厨具制造厂试用合格,产品表面晶粒细腻 ,深冲性能良好,力学性能优良,客户新下订单150吨,标志着万基高端锅胆料铝板带研发成功,实现批量生产【详情】

 

  宏创控股高精铝板带项目有望今年8月建成投产

 

  日前,宏创控股在接受投资机构调研时表示,年产15万吨高精度铝板带铸轧线生产项目已于2017年8月开工建设,建设期18个月,预计2019年2月份全部建成投产;年产8.5万吨高精度铝板带生产项目于2017年7月开工建设,建设期12个月,预计2018年8月份全部建成投产【详情】

 

  博赛集团80万吨氧化铝厂复产工程正式启动

 

  6月13日,中国铝业与南川区政府、博赛集团签订产业合作协议,标志着中铝重庆80万吨氧化铝项目复产迈出实质性一步?。中铝股份投资建设的中铝重庆分公司80万吨氧化铝项目,2014年7月全线停产。根据协议,博赛集团将立即着手启动复产技改工程,并力争在2019年一季度实现复产【详情】

 

  投资27亿元!重庆鑫景高铝硅超薄触摸屏特种玻璃基板8月量产

 

  由重庆鑫景特种玻璃有限公司投资27亿元的鑫景玻璃一期项目预计8月正式投产。 项目将建设2条50吨/天航空玻璃及触摸屏电子基板生产线、1条深加工线及工程技术中心。建成后将形成年产高铝硅超薄触摸屏特种玻璃基板1000万平米的规模,以及年处理600万平米的加工能力【详情】

 

  【环球视野】

 

  日本铝买家将重启对俄铝的采购

 

  日本是亚洲最大的铝进口国,有消息称日本铝买家正准备从俄铝重新启动铝产品的采购,此举可能会缓解对供应中断的担忧。2017年日本共进口铝近200万公吨,从俄罗斯进口的铝产量占15%。目前,付款仍是日本进口俄铝的主要障碍,如果这些产品的付款成功完成,俄铝对日本的供应可能会慢慢恢复【详情】

 

  2017年几内亚跃居世界第三大铝土矿生产国

 

  2017年几内亚铝土矿产量增长40%, 4271.6万吨,跃居世界第三大铝土矿生产国。2017年,铝土矿生产国前三甲分别是澳大利亚、中国和几内亚。其中,澳大利亚产量为8780万吨,中国为6100万吨。几内亚计划在2020年将产量提高至6000万吨,预计未来几年几内亚将超过中国,成为第二大出产国【详情】

 

  美国加征钢铝关税将影响瑞典经济

 

  据《瑞典日报》6月4日报道,瑞典欧盟与贸易事务大臣林德日前表示,瑞典年钢铁出口约40亿克朗,汽车和卡车出口约210亿克朗,整个交易系统是建立在各方达成一致的基础之上,美国加征钢铝关税将对瑞典造成严重影响,她对此倍感不安【详情】

関連ニュース

上海先物は昨夜140元上昇した

昨夜の夜、上海先物アルミニウムは140元上昇し、今日の長江スポットは小幅に上昇すると予想されている。

中秋節の機会に、あなたと一緒に最も美しい中秋節の詩の10曲を鑑賞してください

1.最も雄大な中秋節の詩-「望月懐遠」(唐・張九齢)海には明るい月があり、世界はこの時を共有しています。恋人は夜に不平を言い、夜に恋をします。ろうそくを消して光を満たし、服を着て露を感じます。手を差し伸べることができず、夢の良い時期に眠ります。コメント:張九齢は唐王朝の有名な世代でした。彼は裏切り者に拒絶され、荊州に追放されました。中秋節の夜、彼は遠くを懐かしく思い、この詩を書きました。詩の芸術的概念は雄大で大きく、骨は強いですが、感情的で誠実です。特に、最初の2つの文は長い間有名になっています。2.最も孤独な中秋節の詩-「十五夜の月」(唐・王建)中庭の白い木のカラス、冷たい露と静かなモクセイ。今夜は月が明るく、

八声甘州・は、川にそそり立つ夕暮れの雨に

Xiaoxiaoと夕暮れの雨が川の空に降り注ぎ、秋がきれいになります。霜が降りて風が強くなり、関川は冷たくなり、残照は建物になります。赤は衰退し、緑は衰退し、物は繁栄します。揚子江の水だけが言葉もなく東に流れています。 遠くに登るのに耐えられず、故郷の大きさを見て、考えるのは難しいです。年の痕跡をため息をつき、何がそんなに難しいのですか?美しさを考え、建物を化粧し、数回間違えてボートに戻ります。私を知り、バーに寄りかかって、心配しています!

「詩経」の最も美しい文はここにあり、言葉は感動的で、文は人生である

雨はひどく、お香を焚き、お茶を注文し、本を持って、「詩経」の行間に人間の最も初期のロマンスを感じます〜1.美しい人がいて、澄んでいます。出会いに出会って、适我愿西。——《诗経・鄭风・野有蔓草》訳:田舎の草は青く、露の雫がきらきらしている。美しい娘がいて、眉目が情を伝えるのを楽しみにしていて、一目で心を奪われた。2、は蒼く、白露は霜である。いわゆる伊人は、水の一方にいる。——《诗経•国风•秦风•》訳:生まれたばかりの葦は青く、露は霜に凝結している。恋に落ちたあの恋人は、水の向こう側にいる。3、彼はショパンを採り、一日は見られず、三秋のようだ

重陽節になると、菊が来ます

重陽節(別名:老人節)は、毎年旧暦の9月9日に、漢民族の伝統的な祝日である。「易経」では「六」を陰数に定め、「九」を陽数に定めている。9月9日、日月並陽、両九相重であることから、重陽とも呼ばれる重九といいます。重陽の節句は戦国時代にはすでに形成されていましたが、唐代になって重陽は正式に民間の節句として定められ、その後歴代に引き継がれてきました。民間ではその日に登高する風習があるので、重陽の節句は「登高節」とも呼ばれています。ほかにも、ハナミズキの節句、菊の節句などという言い方もあります。重陽の祭りを祝うとき、人々は一般的に登り、菊を鑑賞し、菊のワインを飲み、ハナミズキを挿入し、ケーキを食べます。さらに、

江蘇Jinhuiカラーコーティングアルミニウムロール2017年第44週アルミニウム価格週報(10.30-11.3)

1.1週間の市場の概要: 1。今週の国内の主要スポット価格は、アルミニウム価格が16,000付近で上下に変動し続け、わずかに下落しました。2つの場所の価格差は約300を維持しました。市場には豊富な供給源があり、商品所有者の出荷意欲は高く、全体的な取引は平均的です。2.週の関連市場のパフォーマンスこのサイクルのスポット価格の全体的な小さな変動は主に下落しました。ベーススプレッドは再び弱くなりました。スポットは最近弱い強さを維持しています。レンアルミニウムのパフォーマンスは上海アルミニウムよりも強く、上海レン比は約7.5を維持しています。3、毎週の在庫の変化レンアルミニウム在庫は今週も下がり続け、キャンセル倉庫注文は約20%を占め、前期の在庫は今週も下がり続けた